業務案内

WORK

兵庫県神戸市に事務所を構える株式会社西神アロー設備では、工場・病院・ホテル・学校などの建物に必要なLPガス配管工事を請け負っております。「安全第一」をモットーに、人々が安心してガスを使用できる環境の実現を目指しています。また、あらゆる現場に対応できるよう資格の取得にも力を入れております。
こちらのページでは弊社の主な業務をご紹介します。ただいまスタッフを求人募集中ですので求職者さまもぜひご覧ください。

LPガス配管工事

兵庫県神戸市の株式会社西神アロー設備では主に工場・病院・ホテル・学校などで使用されるLPガス配管工事を行っております。新設・改修時の配管工事に対応いたします。
ガスを安全にご利用いただくために、ミスや見落としがないよう徹底的に確認を行ないます。ガスを取り扱うプロとして正確無比な施工を追求いたします。
私たちはこれからも配管工事を通じてガスの安定供給に努め、地域に暮らす人々の快適で豊かな日常を支えてまいります。ガス工事やガス設備工事に関するお困りごとがございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

LPガスについて

LPガスの正式名称は「液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)」といいます。LPGと省略することもあります。
気体燃料であるプロパンやブタンなどを常圧で冷却することで液化させたもので、「体積が小さくなるため輸送しやすい」というメリットがあります。
LPガスは戦後復興から現在に至るまで、生活に欠かせないエネルギー源として大きな役割を担ってきました。特に近年は災害に強い分散型エネルギーとしても注目を集めています。
身近な使用例としては、100円ライターやカセットガスコンロの燃料などがあります。これらには液化したブタンが使用されています。
そのほかにも、給湯器やコンロといった家庭用・業務用ガス機器、タクシー、火力発電などの燃料として使われています。
このように、LPガスはさまざまな場所で私たちの暮らしを支えています。

LPガスのメリット

発熱量が高い

熱効率が優れているため、同じ火力でもより少ない量で済みます。

どの地域でも使える

都市ガスは地域によって使えない場合があり、配管工事が必要になるケースもあります。LPガスならガスボンベと必要な設備さえあれば、地域を問わず使用できます。

災害時の復旧が早い

地下の配管によって供給される都市ガスは、災害発生直後の復旧がむずかしいという弱点があります。一方LPガスはボンベから直接建物内に引き込んでいるため、地震などの災害に強い点がメリットして挙げられます。

環境にやさしい

LPガスは燃焼時のCO2排出量が石油や石炭に比べて少なく、大気汚染物質となる硫黄分や窒素なども含んでいません。また、すすや灰といった有害物質もほぼ排出しません。環境に優しいクリーンエネルギーとして期待されています。